レーヨン

レーヨンとは、再生セルロース(パルプなど)から作られた再生繊維である。人造絹糸、人絹とも呼ばれていた。天然繊維唯一の長繊維であるを人間の手で作るという夢がヨーロッパにはあり、レーヨンはその産物である。
イレール・ド・シャルドネが開発に成功したが、当時の製法では可燃性が高く事故が多発した。そのため別の製法が編み出された。
日本にレーヨンが輸入された時点では多くの製法が覇を競っている状況であり、現在主流となっているビスコース製法は当時技術開示が行われていなかったため、すぐに工業化することは困難だった。1918年帝国人造絹絲株式会社(帝人の前身)が設立され、日本のレーヨン製造は成長していった。
(出典://www.chemistry.or.jp/know/doc/isan005_article.pdf)

レーヨンの特徴

肌触りがなめらかで、美しい光沢を持つ。吸湿・保湿性に優れ、熱に強く静電気が起きにくい。ただし濡れると強度が低下するので注意する必要がある。

レーヨンを使用した製品を見る

関連用語

レーヨンのお手入れ方法

ポリエステル

ナイロン